STEP 2 ~ 図面化

取りこまれた受注データを「製品化」するために、次に設計図を作ります。
各部門での実作業は、この設計図が基になります。
コンピューターでは、3次元化した設計データから、CAD/CAMデータに変換します。
このデータを利用しての各工程シミュレーターによる事前検証は、製品の精度を高めると同時に、改善点から設計情報をフィードバックします。
Sheet Works(3次元展開ソフト)の活用で、製品ができる前にバーチャルシミュレーションにより検証ができます。

 

ページトップヘ移動